ナチュラル志向のエイジングケア『フィトブリーゼ』で樹の芽の生命力をお肌にも。

11meiko1

肌には自信があったので…
って、「きれい」とかじゃなくて、「なにをつけても大丈夫」って意味。
これまでの私の基礎化粧品のセレクト基準は「つっぱらないこと」のみ、だったのね。

それが曲がり角を曲がってから、さらに40代に入ってから、
「つっぱる」だけではなくて、しっかりと「乾燥肌」になってしまったと思う。

いよいよ冬がやってくる!
そんなタイミングでご縁あって、『フィトブリーゼ』のトライアルセットを試させていただきました♪

『フィトブリーゼ』って?

ヨーロッパの植物療法の一種『ジェモセラピー』をもとにしているのね。
「ジェモ」って「つぼみ、新芽」の意味でね、
これから芽吹いていこうとしているエネルギーが凝縮されているでしょ。
その植物の恵みを活用して生体の恒常性を活かしながら、美しく健康になろうっていうわけね。

『フィトブリーゼ』は樹の芽由来のエキスを配合

大地に大きく根を生やす樹木の芽。
小さな一つの芽は巨大な大木に育つその生命力の源。
計り知れないパワーを持っているわけですね。
『フィトブリーゼ』でパワーあふれる2つの樹の芽由来のエキスを配合している。

一つは「アルガンツリ―」。

モロッコの過酷な砂漠地帯の環境でも枯れずに生息する樹。
少しの水分や養分も逃すことなく吸収して、大木になるその生命力はすごいよね。

もう一つは「ヨーロッパブナ」。
”永遠の若木”と呼ばれているなんて、このエキスを使ったら永遠に若くいられるかしら?

『フィトブリーゼ』は優しいアロマの香りで、心を癒す

精油の香りは嗅覚を通して、心と脳に働きかけてスキンケアをするのね。
気持ち良いと感じれば、体は喜ぶ。
おのずとお肌も良くなる。
そういう効果があるの。
嗅覚は人間の感覚の中で、一番優れていて、鼻から入った香りは直接脳に伝わるのよ。
だから、良質の香りは心も体にも、そしてお肌にも大事。
毎日使う物だから、こだわりたいよね。

スポンサーリンク

この『フィトブリーゼ』は心を明るくポジティブに導く効果のある香りにブレンドされています。
ローズ、ゼラニウム、イランイラン、オレンジ、ベルガモット
と、女性が好きな香りを使用。
香りの個性として好まれるだけではなくて、女性らしくしてくれる香りです。

『フィトブリーゼ』は塗布感にもこだわった

塗布感。
手に取った感覚、塗っている感覚ね。
使っていて気になるところ。
いくら効果があっても塗りにくいとか、ベタつくとか、それでは使っていてもストレス。

『フィトブリーゼ』はリラックスできる塗布感が得られるようにテクスチャーにもこだわりを!
みずみずしくて、ベタベタしない感触なんですって。

11meiko2

『フィトブリーゼ』トライアルセットはこんな感じ

ちょうど秋風が吹き始めて、なんだか目の周りの皮がむけて、ガサガサになっていたの。
ちょっと気になったけれど、いつもの基礎化粧品では改善されないので、ここは思い切って使ってみました!

11meiko3

白い容器に若葉色のイラスト。
樹の芽のみずみずしさを思わせるね。

全てが容器に入っているので、自分に合った量を使うことができるのは嬉しい♪
(パウチサンプルが好きじゃない私…)

3ステップでOK。
他には何もないって言うのも好感が持てる。

ローションとクリームはわかるけれど、「導入美容液」ですって?
美容液は最後に使う物だと思っていたよ。

リラックスできる塗布感って言うのも実感してみたいね。

ガチで5日間使ってみました~!

続きはこちら ⇒⇒ 導入美容液が良い仕事してる? ナチュラル志向エイジングケアの『フィトブリーゼ』


スポンサーリンク
ナチュラル志向のエイジングケア『フィトブリーゼ』で樹の芽の生命力をお肌にも。
この記事をお届けした
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が良かったらシェアしてね

このブログが良かったらフォローしてね