スポンサーリンク

DHCの[F1]ミネラルベース マジカルフィットとミネラルパウダリーファンデーション ピュアカラーで憧れの陶器肌に

こんにちは!
最近肌荒れに悩む、すずめの娘です。

高校生の頃から化粧を始めて、ファンデーションに関しては特にこだわりもなく今まで安いものを使ってきましたが、だんだんと肌の問題が出てきた今日この頃。

実は友達がすごく肌が綺麗で、まつ毛も長くてどこの化粧品を使ってるのか聞いたところ、DHCだということがわかったので私も早速使い始めてみました。

そして今日はその感想をお伝えしたいと思います!

スポンサーリンク

DHCの[F1]ミネラルベース マジカルフィット(化粧下地)とミネラルパウダリーファンデーション ピュアカラー

今まで乾燥肌で皮向けが激しかった私はパウダーファンデーションを使うのに抵抗があり、いつもクッションファンデやBBクリームにしていました。

しかしこのDHCのマジカルスキンフィットとファンデーション、全く乾燥せず、そして崩れ方もきれい!

今までにポール&ジョーの下地を使ったことがありますが、なにがいいのか分からず使わずにお蔵入り。

そんな私ですが、DHCのマジカルスキンフィットを塗ってみたところ、

一気に肌が均一に整い、つけるのとつけないのでは全く違う仕上がりになりました!

そしてファンデーション。

基本的に朝化粧をした後、ファンデーションを塗り直す必要はないくらい、1日中肌をきれいに保ってくれます。

パウダーファンデーションって、肌に密着せずにただ上に重ねているようになってしまうものがありますよね。

私はそれがとても苦手です、、。

厚塗りに見える上に、崩れ方が汚くて。

このファンデーションは肌にピタッと密着している感じがとてもすごく、だからこそナチュラルに肌が綺麗に見えるのだと思います!

この2つを使った肌の質感はマット。

私的には陶器肌になる気がします。

女子大生の化粧品、DHCがお勧め!

DHCのマジカルスキンフィットとファンデーションにしてから友達にも
「肌がきれいだね」
と褒められる事が多くなりました。

もう今ではこの2つ以外を使う気が全くありません!

女子大生の化粧品と言えば、それなりに自分で使えるお金もあり、見栄を張りたい年頃でもあるので、ついつい外資系ブランドに手を出しがち。

ですが、美容関係の友達に
「やっぱり日本人には日本製のファンデーション、化粧品が一番合うんだよ」
と言われ、今回始めてDHCのファンデーションと下地を使いましたが、その意味に納得しました。

価格も手頃で、使い始めて3ヶ月ほどですがまだ1/4ほど残っていて、コスパもいいDHCのマジカルスキンフィットとファンデーション。

私のように今のファンデーションにあまりしっくりきてないという方、是非一度使ってみてください!

”DHCの[F1]ミネラルベース マジカルフィットとミネラルパウダリーファンデーション ピュアカラーで憧れの陶器肌に” 母すずめより

若いお嬢さんたちは、確かにブランドや見た目で選びがちですよね。

DHCの中で「F1」と言われるこのシリーズは20代向けのライン。

若いお肌向けに配合成分や肌への働きや使い心地を追及した商品なのだそう。

しかし、とても使い心地がいいのに、この見た目がちょっと残念なのですよね…

外出先で鏡の前にみんなで並んでお化粧直しするのに、コンパクトを取り出さないといけないでしょ。

もっと可愛くてお洒落なコンパクトを持ちたいよね。

ただ、娘の使用感を聞いてみると、朝のメイクの後は直すことがなく済むらしいので、このちょっと”イケてない”コンパクトを外出先で出す必要はなさそう。

「DHCはお母さん世代が使うもの」という印象が強かったようですが、詳しい人からの口コミで納得し、実際に使ってみて手離せなくなる品質だということを実感したようです。

せっかくのピュアなお肌。

母としては若くてきれいなお肌に不必要なメイクをさせたくないですよね。

数多くのスキンケア製品を販売しているDHCの若い世代向けラインなら、ファーストコスメとしてお母さまからお勧めするのにもよろしいかと思います。

(私たち、母世代の方にも評判がいいようですよー!)

▼▼▼ 購入はこちらから ▼▼▼
⇒⇒ 【限定】DHCミネラルベース マジカルフィット[F1](化粧下地)

⇒⇒ DHCミネラルパウダリーファンデーション ピュアカラー[F1]<リフィル>

スポンサーリンク
カテゴリーから次の記事を探してね!
DHCの[F1]ミネラルベース マジカルフィットとミネラルパウダリーファンデーション ピュアカラーで憧れの陶器肌に
この記事をお届けした
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が良かったらシェアしてね

このブログが良かったらフォローしてね