雑誌LDKを見て辛口レビューがしたくなった ~ボタニスト(BOTANIST)って評判いいけどどうなのよ?

20160605botanist10

あのね、せかっくご縁があったモノだから、あまり悪くは言いたくないんだ。
いつも、いいところを見つけてお話したいと思っている。

私も娘もミーハーなので(笑)、新しいモノや話題のモノには目がないのよ。
特に、大学生の娘は美にかける意識とお金は半端ないわけ。

そんな娘が評判がいいからと買ってきたシャンプーとトリートメント。
実はふたりで???と思っていた。

この度、私のお気に入りの雑誌『LDK』を買ったところ、辛口レビューがしたくなったの。

20160605botanist2

それが『ボタニスト(BOTANIST)』。

『シャンプー&コンディショナー&トリートメント人気75製品ABC判定カタログ』という別冊付録小冊子がついている。

20160605botanist3

これで見ちゃったんだ。
(以下、あくまでも個人の感想です)

スポンサーリンク

こんな人は買ってもいいと思う

結論から言いましょう。
こんな人は買ってもいいと思うの。

  • ノンシリコンはきしんでナンボだと思っている
  • バスルームにいろんな色のものを置きたくない
  • シャンプーしているときだけいい香りに包まれたい

私と娘が使ってみて、ぶっちゃけて思ったポイントだ。

ノンシリコン

ノンシリコンじゃないシャンプーは”悪”みたいな見られ方をしているが、ノンシリコンを使ってすごくきしむのは髪の毛によろしくないと思うんだよね。
だから、わざわざノンシリコンを選ぶことはしていない。

20160605botanist11

でも、ノンシリコンでもコンディショナーやトリートメントとセットで使ってみればかなりいい感じになり、さらに洗い流さないトリートメントやヘアオイルで潤いを与えてみると、かなり満足できるものもある。

その中で、ボタニストはかなり残念な部類に入るのではないかと。
トリートメントの後、毛先がまとまらない。
しっとりとしない。

我が家のボタニストトリートメントはこのABC判定カタログで判定されているapple & berryの香り。
”さらさらとした、潤いのある髪に仕上げます”とある。

20160605botanist12

ABC判定では潤いというよりもベタっとしてしまい、ボリュームが出にくいと書かれている。
実際に私と娘の感想としては、全く潤わない。
毛先がまとまらないで、もわもわしてしまう。
(それをなんとかまとめようとしてヘアオイルをつけすぎて、ベタベタなひどい状態になる…)

白い清潔感のある色

ま、かなり印象がいいよね。
余計な色や、うるさいロゴがなくて、シンプルだ。
無印良品のような雰囲気を醸し出している。

”ボタニスト”なんて名前からして、ナチュラルテイストな感じにしていて、無駄なものがないシンプルさを感じさせる。

ただそれだけのことで、バスルームの色をそろえたいなら、自分でお気に入りの容器に詰め替えればいいこと。

シャンプーは透明。

20160605botanist14

トリートメントは白。

20160605botanist13

確かにこれらの商品に色を付ける必要はないと思う。
だから当然”合成着色料フリー”だ。

魅力的に感じる香り

我が家で使っているのはシャンプーがgreen apple & rose、トリートメントがapple & berryの香り。

これね、いい香りです。
確かに。

ただ、髪の毛にその香りが残るかというと、期待しない方がいい。
香り重視なら、香り重視のシャンプー&コンディショナーにした方がいい。

それにシャンプーのgreen apple & roseの香りは、トリートメントのberryの香りに負けてしまうんだ。
だから、洗っているときだけ、いい香りが感じられるということ。

20160605botanist15

まぁ、草原でシャンプーしているかのような妄想を一瞬抱けるかもしれない、と言う感じかな。
髪の毛にはなんの香りなのかわからないけど、”洗い髪”である、という香りは残るが、フルーティーなイメージは捨てたほうがいい。

雑誌LDKのシャンプー&コンディショナー&トリートメント75 ABC判定カタログ

ノンシリコンにもこだわらない私たちなので、あまり成分にこだわりはない。
なんだかんだ言って洗い上がり重視だ。

このABC判定では成分チェックをしていて、パッケージ記載の成分を専門家が読み解いて、良い成分とイマイチな成分を挙げている。
やっぱりさ、素人考えだけど、イマイチな成分を使っていないものの方がいいと思えるでしょ?
それが、せっかくいい成分で十分良さを上回れるとしても、”イマイチ”も挙げられちゃうとね。

イマイチな成分を使っていないものを選ぼうと思ってしまうに決まっている。

20160605botanist5

そこでボタニスト。
あるんですよ、イマイチな成分が。
イマイチな成分を使っていてもA評価のものもある中で、Aではないということはちょっと残念なんだと思うんだ。

そして、すっごく植物的な印象を与えてくれているけど、シャンプーの成分に植物性オイルは使っていない。
(トリートメントは使用)

カタカナを調べる気もしないが、評価の中で”強い防腐剤”を使っていると書かれている。
(成分についての解説もあります)

なんでボタニストを買ってしまうのだろう?

なんと言っても評判が良いからだ。
その評判って、どこから来ているのだろうか?

もしも、身近に「ボタニスト最高!」って言っている人がいたら、少し分けてもらって使ってみるといい。

ボタニストにトライアル品があれば、もっと正しく評価されるんじゃないのかな。
お高い商品だけにトライアル品が欲しいところだ。

先日、某キュレーションサイトの記事で”ボタニストは買ってはいけない”的なタイトルの記事を見つけた。
「おっ! 同じような感想の人もいるんだー」
と読んでみると…

”すっごくいいから、一度ボタニストを使ったら、もうやめられなくなる”的な内容だった。
みんなそう思っているのかな?
私たちの感覚を疑った。

でも、このABC評価を読んでみて、実際のところがわかったような気がする。

20160605botanist1

では、ごく普通にレビューしてみましょう

せっかくなのでいつも通りのレビューをしてみましょう。

シャンプーのテクスチャ

無駄な色を使っていない、透明な液体。

20160605botanist9

泡立ちはかなりいいです。

20160605botanist8

香りは優しいローズの香り。
グリーンアップルとのミックスで、わりと爽やかなローズの香りになっている。

トリートメントのテクスチャ

ポンプから出すにはギリギリかと思われるくらいの重ためのテクスチャ。

20160605botanist7

ちょっとゆるめの顔用のクリームのようだ。
濡れた髪には垂れることなく伸ばすことができるので悪くはない。

20160605botanist6

アップルとベリーの甘さの中に酸味を感じる香り。

”雑誌LDKを見て辛口レビューがしたくなった ~ボタニスト(BOTANIST)って評判いいけどどうなのよ?” すずめの感想

残念ながら私たちには合いませんでした。
私たちはひどく気になるクセもなく、かなり髪質は良い方。
ホテルや温泉のシャンプーを使っても、全く気にならない。
そんな髪質なのに、合わないって思うなんてよほどのことかと。

スポンサーリンク

これで、何か一つ良いポイントがあればそこを重視して使い続けるけど、このお値段を出すのはどうかな?
娘は「持ち上げすぎ!」と言いながら渋々と使い続けていますよ。

もしかしたら、自分の髪質に合うシャンプーに出会えなかった人には”奇跡の出会い”になったのかな?

雑誌LDKは実際にテストして検証しているので、客観的に良いもの、悪いものがわかる。
あとは、自分の感覚だけど、選ぶときのすごくいい基準になるよね。

20160605botanist4

2016年7月号は無印良品、コストコ、IKEA、ニトリ、100均、カルディの本当にいいもの。
2016年最強の日焼け止めなどの特集があります。

▼▼▼ 購入はこちらから ▼▼▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうぞ、この記事が良かったらシェアしてくださいませ♡

どうぞ、すずめをフォローしてくださいませ♡