KIMEHADA(キメハダ)化粧品の馬プラセンタは業界屈指のプラセンタ含有量で体内から美しくできる

20160102kimehada71

先日開催された『お洒落ママ会Award2015』に参加して素敵なお品を見せていただきました~

お洒落ママ会の複合イベント『お洒落ママ会Award2015』に参加して頂いたお土産はどれも素敵なお品ばかり♪
『お洒落ママ会Award2015』に参加しました。直接販売している会社の方のお話が伺えて、魅力的なお品とたくさん出会いましたよー 会場でお試しさせていただいたもの、ブースでいただいたもの、お洒落ママ会でいただいたもの、そして全員にいただけるお土産でいただいたものをご紹介!

スペシャル2部でお話を伺った株式会社Next StageのKIMEHADA(キメハダ)化粧品の馬プラセンタをお土産でいただきましたよ。

20160102kimehada3

スポンサーリンク

衛生的に飲むことができる馬プラセンタサプリメント

まず、特徴的なのが、1錠ずつ銀のシートに入っているところ。

20160102kimehada73

薬と同じだよね。
これ、すっごく身近なのに名前を知らない(笑)
PTPというものだそう。

こうやって1錠ずつ入っていると、飲むまで酸素に触れることがないので、安定性が保たれて品質が劣化しないわけです。
これまでこのようなサプリメントは瓶やプラスティックの容器、もしくはファスナー付の袋に入っているものを多く見て来たのね。
必要数を取り出そうとすると、指を入れれば他の粒にも触るし、手のひらに出そうとすれば多く出すぎてしまって再び容器に戻すことになる。

それって、いいのかな?って思ったり…
KIMEHADAの馬プラセンタは品質が劣化することなく、いつも最新最良の状態で飲むことができるんだね。

20160102kimehada72

豚のプラセンタと馬のプラセンタ

プラセンタとは胎盤のこと。
美容で摂取するプラセンタは主に豚と馬。
馬の方がお高い印象なのですが、それもそのはず。

胎盤ということは、出産のときに産出されるものでしょ?
豚の出産は年に2回、1回の出産で10頭が生まれます。
馬は年に1回、1回の出産で1頭しか生まれません。
その違いは胎盤が産出される数だけではなくて、胎盤の状態も馬の方がずっと良いということになるわけ。

そして、馬は豚に比べて
・馬は体温が高いため寄生虫が住み着く心配が少ない
・牛や羊にある狂牛病や口蹄疫の心配がない
・生食ができるほど人間に対して抗原性(アレルゲン性)が少ない
という人が摂取するのに適した特徴があるんだ。

スポンサーリンク

馬のプラセンタは豚よりもアミノ酸がとても多く含まれているんです。
(財)日本食品分析センターの試験では、馬プラセンタのアミノ酸は、豚プラセンタの平均でなんと約254%含有するという結果が出ているのだそう。
プラセンタはこのアミノ酸の肝細胞増殖機能により新陳代謝を促進してくれる。

で、馬プラセンタが良いと言われるわけ。

KIMEHADAの馬プラセンタ

20160102kimehada1

業界初の製法で美容成分を1粒に凝縮している。
1粒に14,000mg。
1日3粒で42,000mgのプラセンタを摂取できるのは業界屈指とのこと。

20160102kimehada74

やっぱり同じ飲むのなら、たくさん飲める方がいいに決まっている(笑)

そして、オーガニックで育った馬の胎盤を使っているんだ。
もちろん加工の際の衛生管理も万全。
3時間以内で加工を行っているので、安全性と有用性が高いのが安心。
自分の体に入れるものだから、安心で安全なものがいい。

小さい1粒に素晴らしいパワーが込められているんだ。

”KIMEHADA(キメハダ)化粧品の馬プラセンタは業界屈指のプラセンタ含有量で体内から美しくできる” すずめの感想

実は私はクリニックでプラセンタ注射を打っているんです。
ついついクリニックに行くタイミングを逃してしまうので、何かサプリメントを…と思い、どんなプラセンタサプリメントがあるかなぁと物色していたところ。
そこでKIMEHADAの馬プラセンタはかなり効果的で信頼できるものではないかなぁと、気になっています。

20160102kimehada75

1日200円とのこと。
これだけ高品質なプラセンタなら、お手頃なのではないでしょうか?

▼▼▼ 詳細はこちらから ▼▼▼
⇒⇒ KIMEHADA化粧品
⇒⇒ 馬プラセンタ|KIMEHADA

⇒⇒ お洒落ママ会Award
お洒落ママ会

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうぞ、この記事が良かったらシェアしてくださいませ♡

どうぞ、すずめをフォローしてくださいませ♡