トリアパーソナルレーザー脱毛器 4Xとプレシジョンの同じところと違うところ

20150802tria16

クリニックと同じレーザー脱毛がお家でできるトリアパーソナルレーザー脱毛器。
我が家には4Xとプレシジョンの両方があります。
そこで比べてみました。

スポンサーリンク

4Xとプレシジョンの同じところ

見た目が違いますが、同じところがあります。
レーザー脱毛器にとって、一番肝心な部分です。

これが4X。

29tria1

家庭用レーザー脱毛器として初めて発売されて、多くの人に愛用されているもの。

これがプレシジョン。

20150712tria9

後から発売されたものです。

照射部分のサイズ

こちらが4Xの照射部分。

20150802tria6

こちらがプレシジョンの照射部分。

20150802tria7

どちらも1㎝。
この薄いピンク色のところからダイオードレーザーが照射されます。

照射の出力

照射の出力(パワー)は同じ。

つまり、レーザー照射部分は同じものであるということですね。

レーザーの効果が同じ

同じ照射部分ということは、効果も同じ、ということ。

20150802tria18

4Xとプレシジョンの違うところ

では、違うところを見てみましょう。

見てわかるように形が違います。

20150802tria13

だたのミニチュアではくて、まったく違うものと思えるくらい、形が違うよね。

持ち手部分と照射部分の角度も異なります。

20150802tria9

重さ

持って見るとはっきり分かるくらい、重さが違う。
サイトではプレシジョンは200gに対して、4Xは584gとのこと。

20150802tria11

うちの台所用のはかりで計ると595gだった。

20150802tria10

なんと2.5倍から3倍の重さだ。
500gや600gと言ったら、ちょっと軽めの鉄アレイの重さだよ。
主婦の私たちなら、お肉の分量で考えたらわかりやすいかしら?

見えない部分が違う!

その見えない部分というのはバッテリーだ。

スポンサーリンク

プレシジョンは連続して使える時間が約15分。
それに対して4Xは30分間、連続して使える。

さっくりと考えて、バッテリーの大きさが倍なんだ。

20150802tria12

お値段が違う

他にも出力レベルの段階が違ったり、LEDディスプレイの有無だったり、違いがある。

20150802tria5

形や大きさ、重さの違いって、結局バッテリーの大きさの違いゆえなのではないかと思わされる。
そして、当然、お値段が違うわけ。
家庭用レーザー脱毛器として初めての商品である4Xは54,800円。
後から発売された、軽くて小さい商品のプレシジョンは36,800円。

さて、どちらを選んだら良いのだろうか?

医療レーザーはサロンのレーザーとは違って、すごく安いキャンペーンなどを行わない。
私が通っていたクリニックはかなりお安い方だが、全身のレーザー脱毛が1回69,000円。
これを思ったら、トリアパーソナルレーザー脱毛器はかなりコスパがいいかと。

では、どちらが良いのだろうか?
予算と用途で考えるべきでしょう。

決め手は
コツコツと続けられるものを選ぶ
ことだと思います。

全身をくまなく脱毛したいと思えば、1回の照射時間が長い方(4X)が処理しやすいでしょう。
時間ができて「さぁ、やるぞ!」と張り切って始めたものの、脇の下の照射だけで充電が切れてしまってはストレスになります。

20150802tria2

細かい部分を脱毛したいのなら、スリムな形(プレシジョン)が良いでしょう。
4Xは照射部分からふくらみがある形なので、例えばアンダーヘアへの照射はしにくく、上手にできなくてストレスになります。

20150802tria19

”トリアパーソナルレーザー脱毛器 4Xとプレシジョンの同じところと違うところ” すずめの感想

我が家の長男はプレシジョンを選びました。
私は4Xを使っています。

20150802tria1

使ってみてどうだったのか?
次のお話に続きます。

>> ほかのトリアのお話はこちら
>> ほかの脱毛のお話はこちら

▼▼▼ 購入はこちらから ▼▼▼
⇒⇒ トリア・パーソナルレーザー脱毛器


スポンサーリンク
トリアパーソナルレーザー脱毛器 4Xとプレシジョンの同じところと違うところ
この記事をお届けした
日々、いと楽し。- 自由が丘主婦の口コミレビューブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事が良かったらシェアしてね

このブログが良かったらフォローしてね