九州が生んだ保水力抜群の化粧水『咲水(さくすい)スキンケアローション』

可愛いパッケージの化粧水『咲水(さくすい)スキンケアローション』をお友だちから頂きました。
優しいお花畑のようなイラストが、とーっても素敵♪
ほぼ、パケ惚れ状態ですよ。

スポンサーリンク

絆創膏のリバテープが作っているとは、驚き!

絆創膏で有名なリバテープ製薬さんが化粧品を作っているというのには驚いた。
企業や医療機関でも多く使われている製品を作っている会社ですからね、とても原材料にこだわりを持っているんですって。
「いつまでも若くてきれい」をコンセプトにして品質第一に開発を行っているそうです。
「いつまでも若くてきれい」って本当にその通り、これが一番。
素敵だわー。

リバテープ製薬さんは熊本の会社。
九州や沖縄では絆創膏のことを「リバテープ」と呼ぶほどポピュラーになっているとか!
その熊本の素材を使用した化粧水とのこと、とーっても期待できそうで、使わせていただくのが楽しみでした。

20140815sakusui1

化粧水で大事な水は熊本の南阿蘇の天然水をベースにしている

熊本の南阿蘇の天然水。
なんと名水百選に選ばれている湧水。
ミネラルが豊富なのだそう。
「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」という駅もあるほど、素晴らしい水源があるんですね。
この水を化粧水のベースに使っています。

20140815sakusui8

九州の一部のみで採れる「スイゼンジノリ」が素晴らしい!

「スイゼンジ」と言ったら「水前寺清子」?
水前寺は熊本県庁があるところの地名なんですよ。
ここにある水前寺成趣園の池で発見されたのが「スイゼンジノリ」。
この「スイゼンジノリ」から抽出されるスイゼンジノリ多糖体「サクラン」はものすごい保水力があるんですって!
それは重量比で約 6100 倍もの水を吸収するので保湿力抜群よね。

この「スイゼンジノリ」をたっぷりと使って作っているんです。
まさに、熊本発の化粧水ね!

この「スイゼンジノリ」、日本テレビの「未来シアター」で取り上げられて、『咲水』が話題になりました。
⇒⇒ 「未来シアター」 #81 2013/10/18 OA

『咲水スキンケアローション』原材料はこれだけ!

20140815sakusui9

パッケージに書かれている原材料、これだけです!
無香料、無着色、自然派コスメです。

原材料もシンプルだけどぼとるもシンプルで好感が持てる

良いですねぇ

20140815sakusui2

スポンサーリンク

ごく普通のポリのローションボトル。
それに優し色合いのお花のイラストのラベル。
シンプルで飾り気がないのが、そのまま製品の特長にもつながっているのではないかと、期待させます。

ふたを開けると穴がある、普通の口です。

20140815sakusui3

手に取ってみましょう

透明です。

20140815sakusui5

手のひらの筋から流れ落ちてしまうのではないかと思ったのですが、思っていたよりもサラサラではなかったです。
かといってジェルっぽくまとまっている感じでもなく。
注ぎ口が大きいのですが、ドバーッと出てしまうこともないです。
つまりほんの少し粘性(とろみ)があるんです。

そして、香りが全くありません。
癒される香りであるなら構わないのですが、ちょっと強いとか、好みでないとか、鼻につくような香りがあるのなら、全く香りがない方が良いです。

つけてみた感じはこんな感じ

そうです、塗るととろみを感じます。
良い感じのとろみです。
このとろみがばっちりと保湿してくれるんだろうなーって思います。

20140815sakusui6

化粧水であるのですが、ちょっとねっとりとお肌につきます。
でもすぐに吸収されて、しっとり感が残るんです。
このつけ心地、優しくてとーっても好きです!

『咲水スキンケアローション』はこのような方にオススメ!

お肌の刺激が気なる方
乾燥肌で潤いがほしい方
使用成分がなるべく少なくシンプル処方がよい方
肌理を整えたい方
など

⇒⇒ リバプール製薬会社 咲水シリーズ

”九州が生んだ保水力抜群の化粧水『咲水(さくすい)スキンケアローション』” すずめの感想

現在、吸水材は石油由来のポリマーと呼ばれるものが多く使われているので、このような天然の素材の吸収剤は身体やお肌にとても嬉しいこと。
この九州熊本の自然の恵みをふんだんにお肌に浴びたいと思います。

⇒⇒ 咲水スキンケアローション



スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうぞ、この記事が良かったらシェアしてくださいませ♡

どうぞ、すずめをフォローしてくださいませ♡