『イタズラなKiss~Love in TOKYO』をパソコン、スマホで見て、勝手に語る。

イタズラなKiss』好きです!

私が心身ともに病んでいた時に夜中のアニメを見てハマり、
その後台湾版ドラマを見て、コミックを大人買いして、
そして、もちろん韓国版も見て。
合間にどっぷりと二次小説にハマり…

すっかり元気になったのです♪
次男曰く「その頃からお母さん、ヘンになった」と。

でもね、すぅーっと気持ちが楽になったって言う感じで、
すっかり私の心のバイブルになっていると言っても過言ではないのね。

所詮マンガでしょ? って思うことなかれ。
ものすごーく家族愛に満ちたハートフルなお話よ。

スポンサーリンク

今回『Love in TOKYO』として日本版ドラマが放送

⇒⇒ 『イタズラなKiss Love in TOKYO』公式サイト

でもね、残念ながらこのドラマ、CSのフジテレビTWOでの放送。
このためにお金を出すこともできないし…
泣く泣く、我慢していた。

がっ!
そこは動画サイト様様。

ほぼ1日遅れでアップされていて、ゆっくり見ることができた~

⇒⇒ Dailymotion

スマホでも見られるよ~
⇒⇒ 見逃したテレビドラマをパソコンやスマホで見るよ!

このアプリのせいなのか中華圏でも見られていて人気があります。

フジテレビオンデマンドでも放送。

入江くん役は古川雄輝くん。
『八重の桜』の37話から出演する、今まさに旬ボーイ♪

英語はネイティブ、ミスター慶応で「リアル入江くん」としてすっごく話題になったのよね。

私ね、古川君の二重の切れ長の目が好きだな。
入江くんの冷たさを感じさせる。

顔が小さくて、笑った時にできるエクボがよろしい。
琴子を抱きしめた時の愛おしい感じがたまりませんでした!

琴子ちゃん役は未来穂香ちゃん。
今年ブレイクするって言われていて、今月からローソンのCMに出てるよね。

娘はファッション誌に出ているのを知っていたよ。

私の率直な感想は…
昔ドラマ化された時の琴子役の佐藤藍子(特別に10話に出演)にちょっと似てるかなって思った。
大学生になってくると、ちょっと幼いかも(16歳)、って思ったな。

でも、天真爛漫な感じと、ナチュラルな演技は良かったと思う。
特に入江くんの気持ちがわかって、
部屋で濡れた髪の毛を拭いてもらっているシーンは可愛かったな~

題名の通り東京の景色がいっぱい。
お~、渋谷でデートしてるぞ、
お~、お台場だ! お~、銀座だ!
と、やっぱり親近感がわいたね。

雨の中の告白のシーンはとてもきれいな映像だった。
いかにもやたらと雨を降らせているって感じじゃなくて。

どのイタキスを見ても私のツボは一緒だった

この放送を見始めて、並行して台湾版のドラマとアニメを見ちゃったんだけど、
結局ツボは同じだと思ったよ。

◆無条件に私は入江直樹が好き

うーん、なんだろ、こんなに冷たいヤツにとことん冷たくされたら
私なんて絶対に凹んじゃうんだけど、
その冷たくしている中でも、時々琴子に見せる本音の部分や、優しさが良いな、って思うのかもね。
それに、人間らしさを失ってしまった入江くんが
琴子のパワーによって次第に本当に良い男になっていく、その過程が好きなのかもしれない。

もちろん、ドラマでは必ずイケメンが演じるからね、
さらに感情が入る♪

・アニメの入江くん
やっぱり私の中での「入江くん」はこの人です。
さらさらの髪の毛(これはツボ)で切れ長の目で面長。
当然です。

⇒⇒ イタズラなKiss テレビアニメ第1話|youtube

・1996年放送の日本版の柏原崇
今回15話にチラッと出ています。⇒⇒ ORCON STYLE
ドラマを見ていないんだけど、個人的には好み。
中華圏では「入江くんのイメージは柏原崇だ!」と言う声が多いらしいです。

⇒⇒ イタズラなKiss 日本版テレビドラマ 第1話|youtube

・台湾版のジョセフ・チェン
初めて映像で見たのでかなり影響力が大きいよね。
冷たい顔も、ちょっとずるい顔も、笑った顔も入江くんだと思いましたね~
プロポーズの翌日の琴子が目覚めた時に見ている?横で寝て見つめる入江くんの顔が一番好き!
2番目はラブレターを渡してこっぴどくふる時が好き。
個人的にジョセフ・チェンは前髪があって、八重歯があるのが好きなんだよね。
うちの子どもたちは完璧に「入江くん=ジョセフ・チェン」。

⇒⇒ イタズラなKiss 〜惡作劇之吻〜 台湾版ドラマMV|youtube

・韓国版のキム・ヒョンジュン
私の中では『花より男子』の花沢類なの。
アンニュイな感じにとても惹かれてしまったよ。
ちょっとその印象が強いのと、
良い人っぽい目が、意地悪さを感じさせないんだな。
Bigになっちゃってからだから、イメージが出来ちゃっているのかも。
『私たち結婚しました』で素顔も見ちゃったしね。
でも、口調は良い感じに冷たい。
それでいて、早々から琴子に惚れていた感じが見受けられたと私は思っている。
私服がおしゃれだな。

⇒⇒ イタズラなKiss〜Playful Kiss 韓国版ドラマ|youtube

・そして今回の古川雄輝くん
いや~、シルエットは完璧入江くんだよ。
冷たい感じも一番。

⇒⇒ イタズラなKiss〜Love in TOKYO|youtube

まぁ、それぞれ思い入れがあるわけね。

◆相原パパがしゃべると泣けると言っても過言ではない?

あのね、あまり表だって出てくる人物ではないんだけど、良い味出しているんだよね。

私、どれを見ても
・温泉で入江くんに仕事のことを語るシーン
・1人暮らししている入江くんに家に帰るよう話すシーン
・入江くんが結婚のお願いをしているシーン
・鴨狩に嫉妬している入江くんを殴るシーン
・入江くんが遠く(神戸、離島)に行く前に琴子に対する気持ちを語るシーン
などなど、入江くんとの絡みのシーンでおばちゃんは必ず泣いちゃう。

これね、客観的に入江家を見ている人の愛情だったり、
娘を持つ父親の気持ちだったりっていうのかな…
すごくキーマンなんだと思うんだ。

入江くんはね、大金持ちのおぼっちゃまなのに
職人の相原パパを尊敬しているんだよね。
その関係がとてもいい。

◆原作と違うけれど裕樹くんが入院した時に電話を慌ててかける琴子を抱きしめるシーン

これはねぇ、結婚までのエピソードで私の一番の「泣き」シーンです!
毎度、泣いちゃう。
わかるよ、琴子の気持ち。
私も一緒にホッとして泣けちゃうのね、きっと。
ここで、直樹も愛おしく思うのはわかる。
そして2度目のKissね…

◆<番外?>声優さんが好き

アニメから台湾版、韓国版と声優さんが一緒なのね。
ふふふ、琴子ちゃんは水樹奈々ちゃん。
入江くんは平川大輔さん。

2008年のアニメ版ではお二人ともお声がお若いわ~

水樹奈々ちゃんはまさに琴子を思わせるよ。
これで、変わってしまったらイメージが変わっちゃうくらい、私の中では琴子。
そうね、アニメから見ているからかもしれないな。
すごくBigになってからの韓国版でも吹き替えてくれて、本当に嬉しかった。

ちょっと声優さんフェチが見受けられる私。
平川大輔さんはオーランド・ブルームやチャン・グンソクの吹き替えで有名ね。
他に韓国ドラマ『クリスマスに雪は降るの?』のコ・ス(テレビ東京版)や
NHKで放送の『蒼穹の昴』の光緒帝@張博など
品のいいイケメンのお声を担当。
かなりお気に入りです♪

それぞれの愛の形に癒されるわけです

原作コミックや台湾版を見ると入江くんが琴子を好きになっていく過程が良く分かるからおススメ。

作者多田かおるさんの急逝で物語は未完になっていますが、
新たに映像化されたり、二次小説が次々と生まれたりして
活き活きと生き続けるのはとても素敵なことだと思います。

きっとおばあちゃんになっても見続けるんだろうな。

では、これから韓国版も見ようかな~
それぞれ良さがあって面白いです。

▼▼▼ 購入はこちらから ▼▼▼

レンタルで見るならこちら。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうぞ、この記事が良かったらシェアしてくださいませ♡

どうぞ、すずめをフォローしてくださいませ♡